■新玉名駅

熊本県玉名市にあります。元々の地域の開発コンセプトが森だったことから、『森の中の駅』をテーマに造られました。1300年の歴史を誇る玉名温泉、夏目漱石の小説『草枕』に登場する那古井のモデルとなった小天温泉がある温泉街です。

玉名市は観光振興のために3つの協議会を立ち上げました。1つは玉名ブランド協議会。玉名名産漬けアミ(アミエビの漬物)、玉名いちご生キャラメル、玉名甘酒まんじゅうなど地域特産物を活かしたブランド品を認定しています。続いては、玉名ラーメン協議会。玉名ラーメンは、熊本ラーメンのルーツと言われています。現在加盟店は8店舗です。

鉄分の効果や効能について

そして最後の1つは、薬草と温泉の郷協議会です。玉名で採れた薬草をふんだんに使った、コラーゲンたっぷり「玉名温泉とトマト粥」や薬草ゆば饅頭うどんなどといった薬草料理や、なずなクロワッサン、オオバコロールパン、薬草半熟チーズケーキなどの薬草スイーツを食し、温泉に入ることによってデトックス効果が得られる、としています。玉名薬草料理認定店は、イメージキャラクターの『薬草ばぁば』の認定フラッグ、もしくはステッカーが目印です。

京都旅行の事ならここにおまかせ

小天温泉には、小説『草枕』の舞台となった前田家別邸があります。ファンであれば行ってみたい場所だと思います。

ビタミンについてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて